スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 







 
 

柴犬の下痢に ご注意!

柴犬の下痢に ご注意!

今日、なっちゃんが、はじめて軟便になりました( ノω-、)

突然クゥ~ンと鳴いて玄関に行くので、外に連れ出してみると、軟便でした

下痢まではいかないものの、お持ち帰りのときにカタチが崩れるくらい やわらかいのです








やっぱりちょっと元気がないような ・ ・ ・

普段、おさんぽまでウンチは黙ってガマンするので、あんなにクンクンいうのは普通の便意じゃなかったんだろうな、と思います。

ニンゲンでも、下痢っぽいと思ってトイレに行ったら、おなかは痛いけど下痢じゃなかった、なんてこともあるので、そんな感じかな ・ ・ ・









実は なっちゃん、軟便になる直前、便秘になりました。

ワンコは フードが足りないときにも便秘になるのですが、フードは最近 量を増やしたばかり。

そこで、便秘対策に 消化を促しつつ 胃腸の調子を整えるサプリを与えていました。




与えたのは、コレ。

『強力わかもと』です

昔からある、ニンゲン用の胃腸薬ですが、ワンコ飼いにも好評です。




強力わかもと




ドッグフードは乾物なので、胃腸への負担がとても大きいです。

そこで、胃腸の健康のために 消化酵素と乳酸菌を与えたいと 以前から思っていました。

「強力わかもと」は どちらも入っているので、コレ、いいじゃん!と、これを機会に与えてみることに。

ニンゲンの大人は、1回9錠。なつの体重(約7キロ)だと、1回1錠です。


便秘は治り、イイ感じの ウンチ様がお出ましになるようになったのですが ・ ・ ・

軟便になったということは、合わなかったか、量が多すぎたのかもしれません










そのほかに 今、考えられる原因は ・ ・ ・


①フードの量が多すぎる
成長が緩やかになってきたら フードの必要量が減ってきます。
ぜんぜん緩やかになってる感じはしませんが(笑)、もしそうならフードの量が多すぎるようになったのかも。
でも、足りないって言うから増やしたんだよね~


②フードの脂肪分が多すぎる
柴犬は、もともと脂肪にヨワい犬種。
成長期の子犬と同じ量の脂肪は、成犬には多すぎます。
なつは まだ子犬ですが、ちょっと大きくなってきたので、前と同じ脂肪量では多すぎるのかも。
ちなみに、今のフードの脂肪率は15%くらいです。


③フードの何らかの成分にアレルギー反応が出た
柴犬は、アレルギーになりやすい犬種。
まだ4ヶ月なので 違うかもしれないけれど、ないこともないかと ・ ・ ・


④ストレス
ストレスは、下痢や軟便の原因・悪化要素に大いになり得ますが ・ ・ ・
なつの場合は違うでしょうね~(^◇^;)>




とりあえず、今日はフードの量を減らし、「強力わかもと」ではなく、植物由来の消化酵素を与えて様子を見ることにしました。








なんで、下痢でもないのに 軟便ごときで大騒ぎしてるかというと ・ ・ ・

実は、先代柴は、炎症性腸疾患(IBD)で、わずか3歳8ヶ月で亡くなったのです。

病気の兆候は、時々繰り返す 軟便下痢

発症してからは、水様下痢が止まらず、最後は血液と体液がひたすら出続けるという壮絶なものでした。



今から考えると、負担の大きいドッグフードじゃなくて、手作り食にすればよかったとか、いろいろ後悔があります。

先代柴、「なずな」の残した教訓を生かして、病気にならないようにしたいと常日頃思っているので、ついつい心配性になってしまうのです



ちなみに、炎症性腸疾患(IBD)は、知名度は低いですが、がんと同じくらいポピュラーな病気。

免疫疾患なので、皮膚などのアレルギーを持っているコも要注意です

残念ながら、柴犬は他の犬種に比べて 予後が悪く、半年生存率は 3割ほど。

なずなは、発症から わずか4ヶ月で亡くなりました。



最後に、ワンちゃんを飼っている方に ぜひ読んでいただきたい本をご紹介します。

なずなが病気になる前にこの本に出会えていたら、と思った1冊です。



『「胃腸が弱い」ではすまされない! ~LGSの危険信号~』
 本村 伸子 著



「胃腸が弱い」ではすまされない! ~LGSの危険信号~



消化吸収のしくみから、各疾患とその予防・対策まで、わかりやすく書かれています。

どんなワンちゃんでも、何かのきっかけで 病気になることがあるので、元気なうちに飼い主が知識を身に付けておくことは とても大切です。

IBDに なってしまったら、治りませんからね。

もし、うちのコはおなかがヨワいな~と思う方は、今すぐに何か対策をされてくださいね。




     いつも ご訪問ありがとうございますm(__)m 

      にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ      
関連記事
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ







 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。